矯正歯科ORTHODONTICS

年齢や症状に合わせた歯列・骨格矯正

矯正治療担当の歯科医師が治療を行います

当院では矯正歯科は担当の歯科医師が治療を行います。お子様の矯正治療の際には、小児歯科担当の歯科医師と協力をし、症例の検討などを行いながら治療を行います。それによって、治療効率が上がり、予後の良い結果が期待できます。

永久歯が生え揃ってから矯正治療をするより、小児期から矯正治療をしていた方が、治療期間が短く、費用が安くなることが多いほか、抜歯の可能性も下がります。矯正治療をすべきかどうかについてお悩みの方は、一度ご相談ください。

矯正治療とは?

歯並びを整え、咬み合わせを良くする治療が矯正治療です。顎の成長途中であるお子様の場合は顎の幅を広げ、顎の成長が終わっている思春期以降はワイヤーを使って歯を動かす治療を行います。

歯並びが悪いと歯の清掃性が悪く、虫歯・歯周病リスクが高くなります。これらのリスクが高いことは、歯を将来的に残せる数にも悪影響を与えます。歯並びを治すことで、歯の汚れが取りやすくなり、お口の健康状態を保ちやすくなります。また、咬み合わせを正すことで、歯の一部に力がかかりすぎる状態を防ぐことや額関節へのアンバランスな負担も防ぐことが期待できます。このように、矯正治療には歯並びが良くなり、見た目が改善される以上のメリットがあるのです。

診療システム(治療の流れ)

電話で来院日時の予約を受け付けております。ご予約いただいた日時にご来院いただきますと、まずは治療の概要を説明します。その後、矯正治療に必要な検査をします。

相談
患者さんの悩みや治療に関する様々な疑問・ 心配を伺うことから始まります。
検査
歯や顔の写真、レントゲン写真、歯型や 咬み合わせなど、診断に必要な資料の採得を行います。
治療説明(診断)
精密検査の結果をもとに、診断、治療計画、治療方法、 治療期間ならびに費用について説明します。
治療開始
成人
小児
小児矯正(一期治療)
乳歯列、混合歯列の矯正治療
顎の発育や咬み合わせに良くない影響を及ぼす場合に行います。また、早期治療を行うことにより永久歯交換後の治療が簡単になったり、不要になったりします。
保定または、
経過観察
第一期治療の目的を達成した後、永久歯に交換するまで、経過観察とします。この時期は、1~6ヶ月に1回程度の通院です。
終了
永久歯交換が自然にうまくいった場合
本格矯正
(二期治療)
主に固定式(一部、取り外し式)装置を使用し、 歯並びや咬み合わせを整えます。月に1回程度の通院です。
保定
整った歯並びや咬み合わせを安定させる治療期間です。 保定期間といいます。 2~3ヶ月ごとの通院です。
終了
年1回程度の定期検診を受けると良いでしょう。

相談

患者様がどのような症状で悩んでいらっしゃるのかをお聞きします。矯正治療の方法やメリット・デメリット、一般的な治療期間・費用などのお話をさせていただきます。

検査

治療に際して、歯型の採取やレントゲン撮影・口腔内写真の撮影などが必要なため、行います。これらを総合的に判断し、治療方針を立てていきます。

治療計画の説明

検査・診断結果をもとに治療計画をご説明していきます。この時、患者様の治療期間・費用なども一緒にご説明できます。

小児の場合は第一期治療

お子様の場合は乳歯列期、または混合歯列期に第一期治療を行います。これは、顎の発育異常や噛み合わせの問題、舌や唇、頬の癖を成長期の間に改善することを目的としています。早期に治療を開始することで、抜歯をせずに永久歯が生え揃う可能性が高くなります。

本格矯正(第二期治療)

第二期治療では、主にワイヤー装置を使った通常の成人矯正と同じ本格矯正を行います。完全な永久歯列になった後に引き続き矯正が必要な場合、この二期治療を受けることになります。
装置を装着する前には、虫歯治療や歯磨きの練習・フッ素塗布など事前にできる処置を行っておきます。矯正中の諸注意や管理方法などの説明を行ってから装置を装着し、矯正治療を開始します。

保定・定期検診

矯正装置が外れた後も、後戻りをしないように保定装置というものを装着します。保定期間は数年かかり、その間の通院頻度は2〜3か月に一回です。

終了

後戻りしていないか、異常がないかなどを確認するためにも、定期検診を受けると良いでしょう。

こんなお悩みはご相談ください

叢生(八重歯・乱ぐい歯とも)

叢生とは、歯が狭い範囲に集中して前後にずれて生えていることです。歯が重なっているため歯磨きがしにくく、虫歯のリスクが上がります。

出っ歯(上顎前突)

上の前歯や顎全体が前方に出ている状態です。唇が閉じにくくなって前歯が乾燥しやすいため、前歯を損傷しやすく虫歯ができやすくなります。

受け口(反対咬合)

上の歯よりも下の歯が前方に出て、噛み合わせが逆になっている状態です。食べ物が噛みにくくなり、十分に咀嚼できないまま飲み込むため、胃に負担がかかります。

開咬

幼少期に指しゃぶりや舌で前歯を押す癖があると開咬になることがあります。奥歯は噛めていても前歯同士は接触しないため、口を閉じているつもりでも口が開いた状態です。

矯正装置の種類

矯正治療では小児と成人で使用する装置が異なります。

小児矯正

床矯正

床矯正は狭くなった顎の骨の幅を内側から広げる、お口の土台づくりのための矯正装置です。顎が小さくても、歯の大きさや本数は変わりません。全ての歯が正しい場所にきちんと生えるよう、顎の成長の力を利用して十分なスペースを作る際に使用します。

マウスピース式機能矯正

柔らかい素材を使用したマウスピース治療です。舌癖を治すなど、幼少期の口腔機能のトレーニングに役立ちます。容易に取り外しができるため、お口の中を清潔に保つことができます。

フェイシャルマスク

受け口の治療に使用します。顔にフェイシャルマスクを装着することで、下顎が過度に成長するのを抑えられます。長時間装着しなければいけないのが難点です。

ヘッドギア

上下どちらかの顎が成長しすぎる、または成長が足りない場合に使用します。顎の成長を促進させることも、抑制させることもできる治療法です。

成人矯正

マルチブラケット

ブラケットを歯に装着し、そこにワイヤーを固定します。強い力で効率的に歯を動かし、歯並びを全体的に整えることができます。永久歯が生え揃ってから装着するもので、幅広い症状に適用可能です。

Contact・お問い合わせ

ご予約・お問合せはこちらからお気軽にどうぞ!・Tel 03‐5315‐7477

お問合せ

アクセス・診療時間 Access / schedule

医療法人社団若歯会 ちゃいるど歯科医院
〒182-0002
東京都調布市仙川町1-19-17 仙川パティオ2F
TEL 03-5315-7477 / FAX 03-3308-8200

 
9:30 - 13:00
14:30 - 18:30

土曜は 9:00-12:00 / 13:00-17:30の診療となります。
【休診日】 日曜 祝日および年末年始

GoogleMAPで見る

お問合せ